294 index

EOS津野
電子光学講座

コンタクト eostsuno@yahoo.co.jp
 

この電子光学講座は、私がコンサルタント業をやっている間に行ったいろいろの 電子光学機器設計の経験に基づいて書いたものです。それぞれの仕事に対しては、相手側 と機密保持契約が結ばれていますので、ここで記す事柄はそれらには抵触しないように 類似の技術について解説しています。私の住んでおります多摩地域は、電子光学製品の メッカになっております。私は、ここでそれらの人達のお世話になりながら、電子 光学機器を必要としているあるいはお使いになっている人たちにそれらの動作原理の 解説をしたり、新たに新製品を立ち上げようとしている人たちのお手伝いをしております。

.

目次(全体)

0.最初のページ(このページ)
1.レンズの光学(FromTheGodHand)
2.透過電子顕微鏡(TEM)の電子レンズ
3.
走査電子顕微鏡(SEM)レンズ
4.
光電子顕微鏡(PEEM)電子レンズ
5.収差補正
6.偏向と非点補正
7.エネルギー・アナライザ
8. Wien Filter
9. スピン回転器
10.著者のページ

 

1.電子レンズの光学

.1.1. FromTheGodHand
.1.2. レンズ設計のためのMunroソフト
.1.3. 電子光学レンズの種類
.1.4. 磁界レンズ
.1.5. 静電レンズ

2.透過電子顕微鏡TEMの電子レンズ

2.1. 電子顕微鏡(TEM)用レンズ
2.2. 平行ビーム・ケーラー照明
2.3. 照射ビーム平行化のためのレンズ設計
2.4. TEM/STEM用レンズのCs

3. 走査型電子顕微鏡(SEM)

3.1.SEM開発の歴史
3.2.SEM対物レンズ
3.3.SEM二次電子の発生
3.4.SEMの_ET検出器
3.5.低加速SEMの減速レンズ
3.6.電子銃やレンズの関係
3.7.
永久磁石を使ったSEM
3.8.Zeissと日立のSEM

4. 光電子顕微鏡(PEEM)
4.1.光電子顕微鏡PEEM
4.2.myPEEM
4.3.光電子分光
4.4.北大・触媒研朝倉研のPEEM
  5. 収差補正 
5.1.球面収差と色収差
5.2.シェルツァーの前提
5.3. 4-8極子によるCs補正
5.4.電場・磁場4極子によるCc補正
5.5.減速電場4極子のCc補正
5.6.HexapoleによるCs補正
5.7.Wien Correctorによる補正
5.8.MirrorによるCs、Cc補正
<
6. 偏向と非点補正 
.6.1. 4極子と一様電場生成の条件
.6.2. 8極子を使った静電偏向器
.6.3. 12極子と20極子による静電偏向
.6.4. 偏向器と非点補正器
.6.5. 静電・磁場偏向器と非点補正器
.6.6. 偏向器と非点補正器のいろいろ
.6.7. 静電8極子のスティグメータ

  .7.エネルギー・アナライザ
.7.1. エネルギー分析装置の分類
.7.2. エネルギー分析装置・ミラー
.7.3. イメージングエネルギーアナライザの前夜
.7.4. 一方向収束静電プリズム・CDA127
.7.5. hemisphericalアナライザ
.7.6. Double Hemispherical Analyzer (HDA)
.7.7. キャスターン・ヘンリー,オメガフィルタ
.7.8. 収束静電プリズム・SDA180
.7.9. 飛行時間フィルターTOF
  .8.wienフィルタ
.8.1. Wien Filterの形と電場・磁場の計算
.8.2. ウィーンフィルタ開発初期の歴史
.8.3. Wien Filterの形 電場・磁場の計算と電子の軌道
.8.4. 一様電場・磁場の生成とウィーン条件
.8.5. Wien Filterの比較
.8.6. 円筒電極とコイルのWienフィルタ
.8.7. Wien Filterの応用 スピン回転器
.8.8. Andersen型の二段式コイルによる一様磁場の生成
.8.9. トロイダルコイルによる一様場と4極場の生成
.8.10. 多極空芯コイルのウィーン条件1
.8.11. 多極空芯コイルのウィーン条件2
.8.12. AutjumpTest

  9. その他のプロジェクト 
.9.1. プリズムアレ・イビームセパレータ
.9.2. 空間電荷効果を考慮した軌道計算
.9.3. スピンマニピュレータ・回転器
.9.4. Vortex
  .10.著者のページ
.10.1. EOS津野の事業内容
.10.2. From the God Hand
電子レンズ設計へのコンピューターソフト導入物語
HREF="author/eostsubjects.html">10.1. EOS津野の事業内容